まっちゃんの山すがら〜遙かなる分水嶺〜

分水嶺トレイルの出場、完走を毎年目指すことを目標にしています。山岳縦走でのパフォーマンスアップを終局的な目標としてトレーニングとしてやウルトラマラソンやマラソンを走っています。

2019UTMF行動計画②装備を考える

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
まっちゃんの山すがら 〜トレラン記事一覧へ〜

マイナス12℃スタートの年始に行った後半試走!

当日の天気予報

Yahoo!天気


・スタート時晴れ
・天子山地では気温は高いが風がそこそこ吹きそう
・2日目に入って気温がグッと下がる。
・2日目の夜は超寒いし雨が降るかも

whether NEWS


・スタート時晴れ
・天子山地では雨が降る
・2日目には気温が0℃まで下がって雨も降る。
・日付が変わる頃にはマイナスに。

天気図からの予想展開

スタートしてから気温がぐんぐんと下がり続けて、天子山地では体感0℃に。
尾根線では風も強く吹くことも予想され雨も降ればぬかるんだトレイルと熊森の下りは大渋滞。もしかするとコース変更もあり得る。
麓ではボリュームゾーンに訪れたら低体温でゾンビが大量発生。ここで4分の1位がリタイア。
何とか1日めの夜をしのげば2日目は天気が持ちそう、街中を走ることから暑さ、寒さを気にせず進めそうだ。
しかし山中湖きららにボリュームゾーンが到着する頃には天気は激変する、あっという間に気温は下がり雨も降ってくる。気温がさらに下がれば降雪の危険性もある。ここから10時間以上の険しい山を越える気持ちがない人が足止めを食う。ここで3分の1位はリタイヤ。完走率は50パーセントくらいか??
自分的には最高の楽しい展開!!

2019UTMFの装備

では実際の私の装備を。当日の予報は晴れ、曇り、雨、下手したら雪。20℃→0℃以下のかなり厳しい展開。昼は少しでも距離を稼ぎ夜は低体温にならないように着込んで動き続けたい。

【キャップ】
スタート→ファイントラックレイルオンキャップ
夜、寒くなったら→バラクラバ装着
予備→ボーンマンキャップ

【サングラス】
なし。寒いし収納スペースが厳しい為。

【シャツ】
スタート→A2麓
ファイントラック ドラウトフォース 半袖
ファイントラック アームカバー
ファイントラック スキンメッシュ
ファイントラック ピコバリアフーディー
さらに冷えたらカッパ着装
ファイントラック エバーブレスフォトンJKT
A2麓→Tシャツのみ着替え
山中湖きらら→2日目夜に備えて
ファイントラックドラウトセンサーJKT
ファイントラック アクティブスキン
ファイントラック ニュウモラップフーディー
さらに冷えたらカッパ着装
ファイントラック エバーブレスフォトンJKT

【上半身小物】
山と道 腹巻き
ホッカイロ(マグマ)

【グローブ】
ファイントラックスキンメッシュグローブ
トレイルグローブ
寒さに備えて2枚態勢

【パンツ】
ファイントラックスキンメッシュボクサー
ファイントラック ラピッドトレイルパンツ
RLカーフタイツ
A2麓→
雨ならファイントラックエバーブレスアクロ着装
日中は脱ぐ
山中湖きらら→
ストームゴージュアルパインパンツ茶
に履き替え

【ソックス】
グレッグソックス
濡れたら履き替えグレッグソックス予備
さらにずっと足が濡れるようならば
ドライマックスに履き替え

【シューズ】
ALTRA オリンパス3.0

バックパック
アルティメイトディレクション 12L
アルティメイトディレクションエストポーチ改

まとめ

夜、特に2日目の夜を乗り切る装備を考えて寸前まで天気予報を見る。杓子を超えられる雪装備(軽バージョン)ももしかしたら作る。
長袖長ズボンの山行スタイルも考慮する。
寒さからのエネルギー喪失を少しでも防ぐ。
年始に-12℃の中の後半試走を行なってるので寒さに対しては対策の余裕がいくらでもある!