まっちゃんの山すがら〜遙かなる分水嶺〜

分水嶺トレイルの出場、完走を毎年目指すことを目標にしています。山岳縦走でのパフォーマンスアップを終局的な目標としてトレーニングとしてやウルトラマラソンやマラソンを走っています。

ハセツネカップ+α 完走とALTRAとの出会い〜腸脛靭帯炎からの復活〜

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
まっちゃんの山すがら 〜トレラン記事一覧へ〜

腸脛靭帯炎と足底筋膜炎からの復活

前回のブログ記事で腸脛靭帯炎や足底筋膜炎から徐々に脱出、本やALTRAとの出会いくらいまで書きましたのでその続き。

走る場所をロードからトレイルへ

自分の腸脛靭帯炎や足底筋膜炎が起こるのが決まってロードランだったので、自分なりにも年齢による筋肉の衰えから、古傷である腸脛靭帯炎は治らないものと考えるようになり、走るのはやめて昔からよく行っていた山登りに舞台を移していく中で人が少ない山域では小走りして移動スピードを上げたりしていました、ただこの時点ではまだ山歩き。

山行で腸脛靭帯炎を起こす人もいるようでしたが自分は全く大丈夫だったので脚への入力が柔らかなトレイルは自分に向いていると思い、それまで使っていたメレルの軽量登山靴を買い替え、モントレイルのマウンテンマゾヒストというモデルを購入、山を走る割合も増えてきました。
時々ロードを走ってみるもやはり痛みが出るのでロードランはやめて五日市、青梅、奥多摩の低山へのスピードハイクをメインとして体力作りをしていました。その時声がかかったのが、、、。

はじめてのトレイルレース〜ハセツネカップ

ハセツネカップの救護ランナー(選手マーシャル)をしてみないか?というものでした。
トレイルランという言葉は聞いたことはあるもののどんな規模で大会が行われているかなど知りませんでした。まあ、72kmを24時間かけて踏破する大会で歩いてもいいからその中で困っている人や医療介入が必要なランナーの救護をしながらゴールを目指すなら出来るかもしれないと思い快諾。
大会当日までさしたる練習をせず、救護用品やらロープやカラビナなどの救助器具、着替えや食料を自転車用のリュックに詰め込み5Lの水、合計12〜3kgを持って参加。

最後尾から歩き続け、途中大岳山〜御岳山(3CP)を2度ピストンし負傷者を搬送、最後金比羅尾根は歩くと間に合わなそうなので下りを気持ちよく走って合計85kmを22時間かけてゴールしたのでした。
レースでびっくりしたのが60代や70代まで方が男女問わずたくさんいた事。なんと裸足で走っている人や本で読んだワラーチで走っている人もいた事。
ラソンのように時間との勝負ではなくてそれぞれが自分との勝負をしているようでした。(もちろんトップランナーは競争なのでしょうが)
走る事もタイムや他の人との競争ではなくて自分の出来る範囲で遅くてもいいからやり遂げる達成感を味わいたいな、と意識がかわりました。
この時靴はなんとなく購入したモントレイルのマウンテンマゾヒスト。歩くには登山靴より軽くて縦のグリップもしっかりあってとても良い靴でした。

ALTRAローンピークとの出会い

なんとなくセールで買ったモントレイルの靴から前項で調べたALTRAローンピーク2.5に買い替え、山でも走る割合を増やしていくようになりました。
ハセツネでワラーチやルナサンダル、そして裸足の人など見ましたがとりあえずはサンダルは置いといて靴で走ろうと思いました。

ローンピーク2.5はとても良い靴でグリップ力はそれほどないけれど足の裏から山を感じることができてとにかく気持ちが良く走る事が楽しい!と思える靴というのが印象に残ってます。


(出典 ALTRA HPより)

その後ローンピーク3.0も購入しました。こちらは同じ名前の靴とは思えないくらい特徴が変わり、びっくりするくらい履き心地アップ、ソールもアッパーも柔らかくなりました。

ローンピーク3.0はアプローチの林道や舗装路も走りましたが、腸脛靭帯炎や足底筋膜炎にはならず実に気持ち良いシューズでした。
グリップはあまり変わらず、山を走ると時々滑ることも。それも含めて楽しい靴でした。


山歩きや子供を背負ってのハイキング用にローンピーク3.0MID ネオシェルのモデルも購入、こちらはローンピークよりややソール硬めで安定感が増していると感じるモデルです。

この頃からロードを走っても腸脛靭帯炎や足底筋膜炎の症状が出なくなってきました。で、ロードもトレイルもローンピークで走り回るように。
今思えば、着地がALTRAに導かれてヒールストライクからミッド〜フォアフットになったのが最大の要因だと思います。

ALTRAを買った時にもらった一部信者には教本、とも呼ばれる「LTR」を実践しはじめ、
→ ミッドフットでの着地
→ 扁平足を治すためにタオルギャザー
→ 身体の下で着地
ストライドは縮めてピッチを180に
などを意識し始めるようになってきました。

とりあえずこんなところにして次は「ロードでもALTRA!」を書こうと思います。